logo現代人の健康について学ぶ

main 生活習慣病は乱れた生活習慣が重なることを原因として起こります

cap image

近年、生活習慣病に対する関心が高まり、メディアなどでも取り上げられることが多くなってきました。

生活習慣病とは、毎日の乱れた生活習慣が積み重なって、それが原因で引き起こされる病気のことです。以前は、加齢が原因ではないかと考えられていて、成人病と呼ばれていました。しかし、生活習慣が乱れると、子どもでも生活習慣病を発症することが分かり、1996年に政府は成人病という名称を生活習慣病に変更しました。

代表的な生活習慣病には、心筋梗塞や脳梗塞、脳出血に糖尿病などがあります。また、脳卒中や心臓病などの生活習慣病は、いずれもある日突然発症するわけではありません。これらの生活習慣病は、血糖値や血圧、体重の増加などから始まり、少しずつ進行していくのです。そのため、健康診断などで血糖値の高さやコレステロールの値が気になるなどと言われている人は、特に注意が必要です。そんな人は、自分のライフスタイルをよく見直して、健康診断を毎年必ず受けて、自分の健康の状態を常に把握しておくことをおすすめします。

おまけに、生活習慣病の場合は、健康状態を把握しておくだけでは十分とはいえないです。自分のライフスタイルを見直して、積極的に生活習慣病を予防していくことも重要です。血管年齢を保つためには、葉酸を摂取することをおすすめします。葉酸とは、ビタミンB群の1種で、貧血を予防したり、胎児への栄養分を補給したりしてくれる栄養素です。葉酸を摂取すると、動脈硬化が原因で起こる脳卒中や脳梗塞、脳出血などの生活習慣病を予防することできます。また、動脈硬化は糖尿病の合併なので、葉酸は糖尿病の合併症を予防することにも効果があるということになります。葉酸は、枝豆や豆腐などの大豆食品に多く含まれています。食事を通して、葉酸を十分摂取するとともに、適度な運動を心がけ、規則正しい生活を送るなどライフスタイルの改善に取り組み、生活習慣病の予防をするようにしましょう。